フレデリック・ルノワール 著『哲学者キリスト』

(トランスビュー,2012年)

 

「ギリシャ語,ラテン語,ヘブライ語を話せなければ,新約聖書を本気で学ぶことはできない」(エラスムス)

 エラスムスは,ユマニスムの観点から,新約聖書の本質を「キリストの哲学」であると同定します.

 このキリスト教理解から構想を得て執筆されたのが,フレデリック・

ルノワール『哲学者キリスト』Le Christ philosophe です.

 小生の主宰する聖書・古典講読会の趣旨を後押ししてくれる著作です.

金子 晴勇 著『エラスムスの人間学 キリスト教人文主義の巨匠』(知泉書館,2011年)

「"キリストの哲学"という表現は,エラスムスにおいては抽象的なものでは全くなかった.それは具体的にイエス・キリストの姿を指しており,つまりこの世に自らを現されたイエス・キリストのことである.・・・ そしてそれは人々の上に君臨しているのではなく,人々と共にあるイエスである」(金子 晴勇)

 「子どもたちもキリストを好きになるように,そのようにキリストについて語ってください」(エラスムス)

​ つまり,キリストの哲学とは,キリストを敬愛する者の道行きのことである(三上 章).

《お問合せ》 電話 011-577-1441 メール mikami@cd6.so-net.ne.jp